kero2021のブログ

マレーシアに、痴呆の母と共に親子留学中。そんな3人の日常を描いた奮闘記。

初日のグループワークまるで、迷子の気分!?

只今マレーシアに、子どもがオンライン留学中です。

日本の小学校でのグループワークやその発表を、とても楽しんでいた子ども。

マレーシアではどうか。

先生からのサポートのお陰で、山あり谷ありながらも、楽しんでおります。

英語の話せないAにとって、山も谷も半端なくて、それはそれはドラマチックで。

天国と地獄も、自分次第ということなのか…。

 

Aの学校は、何とか基準(笑)に基づき授業が展開するので、日本よりもグループワークなどが多いのではないかと思います。

①先生からの説明・課題の提示

②自分で調べる・グループでシェアする・先生に質問する

③グループで発表する

これらが1時間の授業内で展開されることも多々あり🏫

 

新学期初日、先生からの子どもたちがワクワクするようなガイダンス後、グループワークで某博物館のバーチャル見学で始まったのですが。

まさに言葉の通じない知らない場所で、母子で迷子になった気分でした。

リーダーのCちゃんがまず操作をして一通り見た後、次のJちゃんへ。

Jちゃんが見終わるとじっくり見終わると、Aさんの番で。

ビデオがONなので、私が代わりに操作確認をするわけにもいかず。

どうやるの?とCちゃんに教えてもらおうとするものの、説明されている内容が親子で理解できない…。

バーチャル見学初体験が、英語ガイドのみでスミソニアン博物館とは。

こんなことなら、某映画ももっと真面目に見ておけばよかった(笑)

もちろん、意見共有にはついていけませんでした💦

 

そんな私たちはお構いなしに、その後も様々なグループワークは続き。

グループごとに、動画・スライド・先生を指定された順で回り、学びを深める日があったのですが。

みんなに自分の知ってることを、とにかく語りたいPくん。

その日は彼が動画を再生したので、何度も止めて解説が入り、動画しか終わらず。

「Pくん、頼むよ~!」「(リーダーの)Kちゃん、Pくんを止めて!!」と、動画再生中はミュートなのをいいことに、ヤジを飛ばしていた私(笑)

それでも発表の時など、普段からKちゃんの優秀さは飛びぬけています。

一斉にしゃべりだして収集がつかなるグループがあったり、わざわざ手をあげて「お腹すいた~!」と発言する子どもらしさを垣間見たり。

 

その一方で、優秀な子どもたちのグループだと自学力が高すぎて、ミュート&ビデオなしのまま終わったり。(本当は、ビデオなしはNG)

ミニ先生として、一人でプレゼンテーションする日に、宿題が追いついてなくて、発表の練習をせずにミュート&ビデオなしのまま終わる子がいたり。

それはそれは、いろんなことがあります。

 

こちらのサイト↓ 我が家ではもう神の領域…(笑)

www.hij.airport.jp

 

こちらの本にも、何度も何度もお世話になっております↓

 

先日、科博のNHK番組の再放送に、途中で気づいて録画が後半しかできず…。

もう一度、もう一度、再放送をお願いしたいです!!

xn--68jq6k1a3xsa3e9dse1a7089l92raxj9fja449v.xyz

誰に言ってるんだろう(笑)

 

次回に続きます。