kero2021のブログ

マレーシアに、痴呆の母と共に親子留学中。そんな3人の日常を描いた奮闘記。

宇宙人の捕まえ方、飼い方教えます💓

この短期間のうちに、いろいろありましたよ、ちょっといいこと💓

いや、むしろ、『ちょっといいこと』しかなかったかもしれません。

ついに、ぼんやりしか見えていなかったことが、はっきり見えるようになりまして。

「ちょっとやばいかも❕本気出せ、自分❕❕」

そうすると、何だかいろいろまたひらめいちゃって開けちゃうんですよ✨

なんてったって、一昨日の朝、出発時間もちゃんと知らない中で、宇宙人Sさんが空港バス乗り場まで、お見送りに来てくれたんです。

いや~ん、ついに宇宙人に仲間と認めてもらえた✨

 

あ、またわかりにくくてすみません。

実は、我が家の近所にもいたんです。

宇宙人Sさん。

いや、正しくは、私は宇宙人の友だちいっぱいいたみたいで。

お友だちになってもらえるか、私が品定めをされている毎日って感じだったみたいですね。

一昨日の朝も、早めのクリスマスプレゼント(おさがりなどもありますが💦)をしてから出発しました(笑)

離れても、お友だちでいてもらえますか~❓ってところなんでしょうか。

やっている本人も、よくわかりません(笑)

 

だって、朝6時半に家を出て、リムジンバスに乗る予定だったのですが。

5時の段階で、スーツケースに荷物がまだ詰まっていないにもかかわらず。

サンタのように、プレゼントをそっと置きに行ってたんです。

だって。

私がやりたいことは、そっちだったんですもの💓

 

でも何だろう、この安心感。

そう、夫の空間認識能力は、計り知れないのです。

空港まで着いてきてくれる予定の、寝起きの夫に。

私:「パパ、お願いがあります。どうがんばってもスーツケースが閉まりません😢

どうかよろしくお願いします。」

正しくは、そもそも閉めようという努力すらしてませんが。

それは内緒にしておいて、本気で深々と頭を下げました。

夫:「予定のバスは絶対無理だから😠」

私:「え~❓パパなら大丈夫でしょ~。」

Aさん:「ママ~、ZUCAも閉まってないよ~?」

www.zuca-jp.com

空港内であちこち待たされる時に、Aさんを座って待たせておける優れもの↑

Aさんが小さい時のトランキも、超優れものでした。

空港中をわ~いって探索を始めようとするAさんの捕獲しておくのに、相当役立ちました(笑)

www.dadway-onlineshop.com

 

私:「やばい、パパとAさんが昨日入れてたからもう大丈夫って、気にしてなかったよ❕どうしよう😨チェックインカウンター、相当時間かかるのに。」

夫:「あ~、もう😡7時〇〇分のバスに乗れれば、8時過ぎに着くから❕❕❕」

あれ❓そんなことまで、調べてくれてたんだ✨

いや~ん、パパ、ありがとう❕❕❕

私:「今日こそ届いて、私の感謝の気持ち❕パパ大好き❕❕結婚してください❕❕❕」

Aさん:「もうしてるじゃん。」

私:「じゃあ、これからも私を見捨てないで💓」

これが、我が家の5:30過ぎ。

今回はそのそも8月出国で考えていたんだから、余裕なんて思っていたのですが。

結局昨晩から今朝にかけて詰めているうちに。

あれれ、スーツケースがあと2つは必要なんじゃないかなってなってまして(笑)

それでもパパにかかれば、重量制限ぎりぎりで入っちゃうんですよ。

 

私:「Aさん、見て見て❕❕パパのマジックすごいよ✨超天才💓」

Aさん:「わ~、ミラクル✨」

でも、さすがに入ったとはいえやばいかもと思い、空港で事前測定してもらったら。

なんと23.98㎏❕❕❕

やれやれ、3度目か…と諦めかけ、私が詰めていない荷物を果たして私が開けて、また閉められるまったく自信がないんだけど…と思わずパパの方を見たら。

「24kg未満なので大丈夫ですよ~❕」と、受付カウンター(グランドスタッフさん?)の方に言われ、なんてラッキー💓

私の誤差は、0.002kgってことで良かったのね。

何もやってないけど(笑)

でも海外では、こうはいかないだろうな~。

カウンターのお姉さんにも、何度もお礼を言いました(笑)

 

パパ、すごい❕

パパ、大好き💓

やっぱりあなたは、大天才だ❕❕

だから、私はあなたといると危機感を感じないでいろいろ楽しめるんですね💓

パパがいない海外旅行は、胃薬が手放せませんでした💊

だから、私のようになかなかお金に結びつかない能力と違って、稼げると思うんです。

パパがこの能力などを含め、まだ私が知らないあなたの本気を職場で遺憾なく発揮すれば。

ましてや、こんな厄介な私たちの面倒を見ることから解放される今、本気出しやすいと思うんですよ。

一番心配だったパパの食事も、社食付きの会社に転職したお陰で、どれだけ安心だったか。

それでもまだ、疑う私は。

私:「外部の人も入れる社食❓家族なら入れたりしない❓❓」

Aさんも、何か感じたんでしょう。

Aさん:「せめて写メ取ってきてよ、パパ~❕」

Aさんは食い意地が張ってるだけかな?

でも、どこでも生き抜くためには、トップ3にあがる大事なスキル。

自分の特性を知って、それを元に衣食住を整えれば、どこでもたいてい何とかなります。

たとえパパには、心配でならないレベルだとしても。

 

そういえば。

私の幼馴染のお母さん(これまた、私と漢字まで同じ名前)、海外でも日本語で通すんですよ。

千原せいじ』さんなんです、幼馴染の情報によると。

そんな特性を持つ人、意外と近くにもいるんですね。

Aさんに、「ね~、ママ。『特性』って何?」って言われて、検索したら直訳が見つからず。

なぜか、『奇特』という類義語を見つけ、例題として芥川龍之介さんの『邪宗門』の一説がでてくるなんて、なんて奇遇。

 

宗教というと日本では怪訝な顔をされるかと思いますが。

哲学は絶対に必要です。

その哲学が本当に正しいか証明してくれる、師匠が必要で。

それでも道に迷うことがあるから、助けてくれる人が必要なんです。

私もそろそろ、壺を売ってみようかな(笑)

 

それはさておき。

パパの好みに合いそうな、ラボットもスマートウォッチを買うお金がなくて、パパがもし倒れたら💦と心配していたんですよ。

本気で。

実際に、旅行先で友人が倒れて大変な思いをした同僚や、旅行先で交通事故にあって入院した先輩、いつも飲んでたたった1粒の薬でアナフィラキシーショックを起こしていわゆる植物状態の患者さん(同僚の恋人)など、強烈なのを見聞きしてきているので。

夫の健康を、本当に心配してたんです。

これでも。

そして、夫はこの度社食もある職場に転職しました。

何はともあれ、取り急ぎ万事解決❕❕❕

 

さて、次は毎年の私の最大の試練。

我が家の宇宙人たちへのクリスマスプレゼントは、何がいいと思いますか?

 

そしてまた、ふと思い出しちゃいました。

独身の頃の恋愛の話なんですけど。

なんだか時間を無駄にしてるな~って、自覚し始めた時。(失礼な奴(笑))

先輩Mさんに、言われたことがあります。

Mさん:「Aちゃん(私)は、他にやりたいことがあるんじゃない?」

そういえば、この時も4対1だった❕

この時ばかりは、「Mさんは頭がいいだけに、フォローが必要でさ」と、以前お話した前世の夫Rちゃん先輩がこっそり教えてくれました。

当時の私はMさんに言われるまま「そっか~!」って、その男性と別れました。

あ、言っておきますが。

その男性のこと、一応ちゃんと好きでしたよ(笑)

でも実は、つき合った当初から、私から別れるのをわかっていました。

その前の彼氏には、未練たらたらになって厄介な感情をコントロールできない事態になる程好きだったにもかかわらず。

つき合った当初に「私たち、あなたの方から別れを切り出される。」って言っちゃったんです。

理由❓

そんなのわかりません。

ウキウキ恋愛を謳歌している時に、バーンて見えるんですもの。

当時は、転勤族の父の下に生まれて、友情をはぐぐむ間もなく、浅い事務的な付き合いしかできなかったから、大事な人にもこんな風に思ってしまうなんて。

悲劇のヒロインぶって、父のせいにしようとした自分がいましたが。

私自身の特性だったんです。

そして、その特性のはるか上をいくAさんは、心の友を築けちゃうんですよ、オンラインで、言語が違っても。

だから、ちゃっかり助けてもらっちゃえるんですよ。

kero2021.hatenablog.comほんと、普通にずるいよ、Aさん。

羨ましくてしょうがない。

そんなAさんは私に言います。

Aさん:「ママは思いついたことしゃべっちゃだめ❕ほんとになっちゃうから❕❕」

私、現代のノストラダムス~(笑)

 

ちなみに、夫との出会いはどうだったかというと。

当時、私たちいわゆる婚活を頑張って出会ったんですが。

夫の釣り書を見ただけで、私この人と結婚するってわかりました(笑)

もちろん、直接会う前です。

 

夫ではなく。自分の名誉のために言います。

夫は当時、貯金がほとんどなかったにもかかわらず。

むしろ車のローンが、経済観念がなくて、私に話していた倍あったにもかかわらず。

某ホテルの見学の時に、自分の条件を網羅していると判断した夫は、

「このホテルで、何の不満があるの❓」

と、プランナーさんの前で私に言いましたからね。

わかりますか?

ほぼほぼ私の貯金で結婚式をするにもかかわらず、そう言ったんですよ😠

でも翻訳すると、

夫:「いいね、このホテル。自分のイメージにぴったり。あなたはどう?」

なんですよ。

お金出してって頭下げなくてもいいから、せめて翻訳で言って欲しかった💦

ほんとパパの言う通り、言い方ってあるよね~❕❓

いつも私がそう怒られているので、まんま返してみました(笑)

 

「ごちそうじゃないから」私の作る食事に『ごちそうさま』は言わない。

その結論は自分の美学に合わないから、どんなに自分が悪くても『ごめんなさい』とは謝らない。

『ありがとう』も同じく、自分の美学に合わない感謝の押し売りだから、どんなにそれが助かる結果を招こうと、お礼は言わない。

そのくせ、自分が一番じゃないと嫌なんです。

こんな手のかかる、金のかかる、手間のかかる男性は、他にいませんでしたよ。

なのに、会わなくても結婚するってわかっちゃうなんて。

い~や~だ~❕❕❕

強烈な運命の出会いです💓(笑)

 

話は戻って。

Mさんの話は、その時もう一つありました。

私、時間の使い方を教えてもらったんです。

Mさん:「Aちゃん、悪いけど手帳を見せてもらえる?やっぱり。手帳をいっぱいにしなくていいんだよ。むしろ、本当にしたいことがあるなら、自分の時間を作らなきゃだめだよ。」

当時の私は、平日も含め手帳がびっしりでした。

平日の仕事の後も、ミーティングが2つ入ることもしばしば。

休日は、3つか4つ必ず入っていました。

暇なのは、1月2日のたった1日だけでした。

お陰で、お世話になった方の葬儀に参列できなかったのを、今でも悔やんでいます。

ホリック気味だから、さぼれってことですか❓

ちなみに、さぼって私は何をすればいいんでしょうか❓❓

あれ❕私最近、趣味らしい趣味もない❓❓❓

私はその答えがわからなくて、ずっと一昨日まで違和感を持っていました。

そして、ようやくわかりました。

 

Mさんに言いたかったことは、決してさぼることではなく、7つの習慣に登場する4つの領域のうち、第Ⅱ領域を増やすことだと。

宇宙人の皆さ~ん。

アドバイスは、私にわかるように翻訳までお願いしますよ~💦

当時の私はというか、基本的に私は白か黒にしか分けられない人なので。

生きづらくて、とても困っていました。

それを見抜いて、手を差し伸べてくださっていたのですが。

当時の私には、翻訳能力はなく。

でも、結婚して子どもができて、グレーを手に入れた時に、宇宙人から交信があったんです(笑)

kero2021.hatenablog.com

私、この4つの領域を読んだ時、そういうことかと頭がすっきりすると同時に、血の気がスーッと引くのがわかりました。

「やばい、私の人生このままじゃ間に合わないかも。世の中の人はみんな、こんなことを知って生きてるのか❕❕」と怖くて震えました。

 

あ。

わかりました、Aさんの保育園の面談をしてくださった保育士さんの言いたかったこと。

『己を知り、行動せよ』

だから、『わかっているなら、ちゃんとしてもらわないと困ります』

そうか、あなたは言葉は足りなくとも(お前が言うな(笑))、あなたは本当に心ある方だったんですね。

つまりは、その保育士さんは宇宙人

あの言葉がなければ、Aさんのことをきちんと見つめられなかったです。

強いて言うなら、最初の保育園でAさんをいじめられていたことも、他の誰でもなく今後の私たちに必要な試練だったんだと。

破壊力はかなり半端なかったけれども💦💦💦

 

Aさんに昔、雑誌か何かに影響されて聞いたことがあるんです。

私:「Aさん、どうしてママのところに生まれてきてくれたの?」

Aさん:「ママがね、寂しそうにしてたから。」

私:「そっか~❕ありがとね💓」

確かにあなたが生まれる前の私は、すべてがモヤモヤしていて、ものすごく孤独だった。

こんな思いしなきゃいけないなんて、前世でなんか悪いことしちゃったのかしら?(笑)

いや、なんかこの翻訳しっくりこないな。

あ、わかった。

私ったら死ぬ時、次は何しよっかな~って、軽いノリで決めて生まれちゃったのかしら。

例えるなら、よく知らないマレーシア入国時に必要なアプリみたいなもので、ダメならエラーになるんだろうぐらいな感じで、ポチポチ選んだ私がいたのでは。

いや~、空港で到着してから3時間も足止めされたの初めてだわ~(笑)

 

ともかく。

何をポチったのかなんて、そんなの覚えてないよう💦

私が何を押してきちゃったか、誰か教えてくださ~い❕

あ、そっか。

バーナード・ワーグナーによる分類か。

まさに、因果。

過去の因があるから、今があるわけで。

未来を変えたければ、その因を今作るしかない。

 

これをマレーシアの空港でやると、昨日の私のように、飛行機おりてから3時間空港で過ごすことになりますよ。

ま、ちゃっかり宇宙人も捕まえましたけどね、3人。

いや、ある意味4人かな?

偏差値71の学校からやってきた、スペシャルなMちゃん。

あなたのことですよ。

いや~、ポイントごとに繰り返される待機のお陰で、こんなおばちゃんの相手をしてくれたMちゃん、そして国際空港での俯瞰は超楽しかったよ~✨

 

スマホのアプリを使いこなせないとの自覚がある、皆さんいいですか~?

IDやパスワードは、入力画面をちゃんとスクショしておきましょうね。

Mちゃん、やばかったね(笑)

パスワードがその段階で表示されないものは、必ず手書きでメモを取りましょう。

あとから届く確認メールでは、パスワードはたいてい表示されません。

忘れると、再設定になりますよ。

空港で、バタバタしながら新しいパスワードなんか再設定したら。

考えるのも大変、なのに即効忘れますので、お気をつけください。

年齢を重ねる程、短期記憶は続きません。

でも、それだけやっておけば、そのアプリの使い方を知っていそうな人を捕まえて。

「助けて💓」って言うです。

必死の時は、ジェスチャーだけでも何とかなります。

あぁ、人生の再設定もできたらいいのに(笑)

 

それはさておき。

Rちゃん先輩のように、前日泣きながらのレベルではありませんでしたね、スーツケース。

でも、スーツケースだけなら、本当に6:30に詰め終わったんですよ。

パパが詰めてくれたんで(笑)

日本人スタッフにしては珍しいと感じる程、ほんわかゆったりなグランドスタッフさんに案内され。

その時の様子にやばいと思った書類を、今まで機内でまではつないだこともないWi-Fiを接続しスマホに転送しながら。

これが、また3人の宇宙人との運命の出会いにつながりましたからね。(次回をお楽しみに(笑))

 

CAさんもとても素敵な方々に恵まれ。

エコノミーでも、辛うじて快適に過ごせました。

マウスパッドの厚みで、パソコンは若干傾いていますが...💦

だって、テーブル狭いんですもの(笑)

そういえば女子旅のタイは、ANAさんにお世話になって、コロナが心配でクラブラウンジを使い、帰りはプレミアムエコノミーにしたのですが。

貧乏性の私は、2万円の追加でもひるんでいましたが。

Aさんの特性に伴いPCを手放せなくなった今、2万円の追加で快適に乗れるなら「はい、喜んで~✨」

 

隔離生活中なんですけど。

ご飯が勝手に届いて。

外に出なくてよくて。

好きな時に自分がしたいところに連絡できて。

自分が持参したやりたいことができて。

なんて幸せなのかしら~って言ってる、Aさんと私です。

 

Aさん:「ママ~❕今度は赤い電車が走ってるよ❕❕」

無人運転の電車に、モスクから流れる爆音、複雑な高速道路に、それを一つ越える事に不動産価値があがっていく素敵な建物。

Aさん:「あ。よだれが出ちゃってた💦」

おいおい(笑)

ホテルが22階で、Aさんの大好物の俯瞰つき。

やれやれ、ホテルさえAさんの思い通りになるんですね。

Aさんお得意の、「いやだ~❕もっとここにいるんだ~❕❕」が始まりそうです。

いや、ここ隔離ホテルなんで…(笑)

 

今週のお題「最近あったちょっといいこと」