kero2021のブログ

マレーシアに、痴呆の母と共に親子留学中。そんな3人の日常を描いた奮闘記。

ワイルドな香り

昨日、保護者懇談会に参加して、胸が苦しくなりました。

担任の先生からの「我が子のいいところ」というお題に、「ありません」と答えられた方が数人いらっしゃったのです💦

しかも、昨年に引き続き…と言われるではないですか。

涙が出そうになりました😢😢

もし言葉通りだとするなら、我が子を減点法で見ているということなのでしょうか。

私がもし、親からそんな風に見られていたとしたら、いたたまれません。

 

でも、一日経ってようやく気づいたことがあります。

そのうちの一人は、とてもセンスがよく、キチンとした印象を受ける方で。

いつもお子さんもとても姿勢のよい、凛とした印象を受けます。

容姿も素晴らしいのですが、そういったことではなく。

立ち居振る舞いと言うのでしょうか。

自立心の強さをうかがい知ることができる、お子さんです。

朝の登校時に居合わせると、私のたわいない会話にも笑顔でつきあってくれます。

わが子のいいところ=可愛げのあるところ❓

という感覚で、捉えられているのかもしれないと。

私の取り越し苦労で良かったです(笑)

 

Aさんの可愛げのあるところ。

よく、勘違いをするところですかね。

もう1年前なので時効ということで、入浴時のできごとを紹介します。

Aさん:「ママ~、今日の(入浴剤の)香り、な~んだ❓」

私:「なんだろう、この色だと、う~ん…。」

Aさん:「チンパンジーだよ❕❓」

私:「えぇ❕❓❕」

Aさん:「あ、間違えちゃった。何とかパンジーだった(笑)」

ずいぶんとはりきって間違えたもんだ…💦

 

ちなみに。

私がお伝えした「わが子のいいところ」では。

急遽介護が始まったにも関わらず、率先して手伝ってくれているAさんに感謝していることをお伝えしつつ。

祖母VS孫という、年齢を超越したまるで姉妹喧嘩が始まることで笑いを取りつつ。

親子で忘れ物や落とし物の常習犯なので、見つけたらお知らせくださいと、お願いしました(笑)

お題「リラックス法」