kero2021のブログ

マレーシアに、痴呆の母と共に親子留学中。そんな3人の日常を描いた奮闘記。

大好きな人たちのいる場所

虫の知らせと言うと、『お迎え』をイメージすることが多いと思うのですが。

最近動物、特に鳥の知らせを受けるんです(笑)

もちろん、『お迎え』ではなく。

『進むべき方向・タイミング』を教えてくれます。

幸せの青い鳥?

いえ、残念ながら普通にその辺にいる鳥です(笑)

 

昨日の朝なんて、犬まで寄ってきまして。

尻尾を振るわけでもなく、じっと私を見ている。

あまりに私を見たまま動かないので、飼い主さんと話しながら頭をなでてみました。

最後まで尻尾を振ることはありませんでしたが、匂いは嗅いでいました。

普段、誰にも懐かない夫の実家の猫が。

なぜか懐いて、お義母さんに驚かれた私なので。

何かオーラが出るんですかね❓

でも、いつもじゃないところを見ると、出続けてるわけではなさそうですね(笑)

 

マレーシアである事件に巻き込まれた時も、鳥が鳴いた方向に進んで、結果的に助かったり。

Aさんと私は、いつマレーシアに戻れるんだろうと思いながら。

みんなのタイミングだと今なのよね…でも、肝心なお金が足りない💦💦

ただ最近、自宅周辺でもやたらに鳥が近くに寄ってくると思って、そろそろだなと思って、荷造りだけはしておいたら。

GW中に、マレーシアに飛ぶことになりました。

母:「お金なんて、あるもんつこたら(使ったら)いい。私が今しか飛ばれへんから、行くで❕❕❕」

鶴の一声。

昨日の朝、決定(笑)

 

なっててよかった、看護師。

取っててよかった、FP2級。

でも、望んでいたのに、不安で泣きながら人生の先輩Iさんに電話をするという始末。

皆様、許してくださいませ。

だって、8歳の子どもと78歳の痴呆の母を連れて、マレーシアに行こうっていうんですから。

前回よりハードルが上がってます。

「なぜそうなる?」って思う方が多いと思います。

事件に巻き込まれて、怖い思いをして。

お金もなくなって。

でもまた行く。

Iさんは、いざという時に迷う私の命の傾向性が出ることについて、一言。

「その迷いを、いい方向にも悪い方向にも変えられるのは、自分だけだよ。」

じゃあ、迷ったら行きます。

『どんな運命も立ち向かう』

また、ゆずさんが流れています。

www.youtube.com

そして、昨日何気なく鼻歌で歌った、マレーシアで何度も聞いていた曲。

Aさんが更新を毎週楽しみにしているYouTubeでも、昨日偶然流れました。

 

もう、抵抗するだけ無駄なようです。

全てが私に行くように言っているとしか、思えない(笑)

脳が完全にマレーシアに感染しているようです。

そう、たぶん、どうしようもなく好きなんです。

もはや、認識すらできない程に。

もう、私にとってなくてはならない存在なのでしょう。

 

以前バリに行った時も、行く前から思いました。

「私はここにまた行く。」

結局3回行きました。

イギリスに行った時。

「私、ここに住める。」

英語はもちろん、インドネシア語も話せませんが。

 

夫と結婚する時も、会う前からそうでした。

「私、この人と結婚する。」

意思ではなく、感じるんです。

こ~んな、厄介な人のにね(笑)

お互い様ですが。

いえ、夫は私以上なんでしょう…。

 

「GWはお金が高いからその分、Kさんにお見舞いで渡したら❓」と言い出した夫。

やれやれ、また株価大暴落…と思っていたら。

「Kさんから、来るように連絡があったから行く。」

なんじゃ、そりゃ~❕❕と怒りを覚えつつ。

お金にシビアな方だけに、絶妙なアシスト✨✨✨

Kさんの家のそばでも、鳥が鳴いたのかしら?(笑)

 

ちなみに母なんて、マレーシアで死ぬことまで考えているようで。

母:「骨1個だけ、日本に持って帰ってくれる❓」

私:「土葬か火葬かも知らないんだけど?」

母:「じゃ、ぎりぎりになったら飛べばいっか。」

私:「そんな状態で、どうやって飛行機に乗るのよ❕❓」

母:「面倒かけるね~(笑)」

私:「出たよ、ボケたもん勝ち💦💦💦」

母はビザがないので、3か月しかいられないにも関わらず。

そんな心配までしている、困った母です(笑)

コロナ禍を考えると、あと何回、一緒に飛べるでしょうか。

お願い、時よ止まって。

大好きな人たちと過ごすこの瞬間を、心に焼き付けたい。

何度生まれ変わっても、どうかまた笑って一緒に過ごせるように。

 

今週のお題「好きな街」