kero2021のブログ

マレーシアに、痴呆の母と共に親子留学中。そんな3人の日常を描いた奮闘記。

子どもが幸せな思い出を作れるところ。

転勤族だった父。

兄は、10回。

私は9回。

実家にいる時に、引っ越しを経験しました。

単純計算すると、3~4年に1回の割合。

いつも2年くらい過ぎると、そわそわする。

お陰で、あちこちに友だちができました。

でも、深い友情を築くことが難しかったように思います。

「もうすぐ、また離れなければいけない」

そんな感覚がありました。

 

高校生当時、大阪に住んでいたのですが。

私、犬に追いかけられました。

しかも、子犬(笑)

マンションから出て、塾に行こうとした時だったと思います。

何かいる。

あ、子犬。

どこから来たんだろう❓

やばい、目があってしまった…💦💦

敷地に、柵がないタイプのマンションだったんです。

 

次の瞬間、猛ダッシュで逃げました。

基本的に動物好きなので、全く怖くはなかったのですが。

いつもは「かわいい~✨✨✨」なんて寄っていくのですが。

その時ばかりは、嫌な予感がしたんです。

私が噴水の飛び石を横切ったら。

子犬はそのままつっこんでしまい、びしょびしょに。

 

私の頭では、ただひたすら。

なんか、やばいのきた~❕

ひぃぃ、塾に遅れる💦💦

汗だくの必死の形相で現れた私に、まとわりつくびしょ濡れの子犬。

結局、塾長が里親探しをしてくれました。

「よっぽどお前のことが、気に入ったんやろうなぁ。」

頭一つ撫でてないのに、なんで❓❓❓

 

そう言えば、子どもの頃。

もしかしたら、変なオーラがだだ漏れだったのかもしれません。

小学生の頃は、やたらに福引きが当たる子でした。

中学生の頃、私と母が並んで歩いていたら。

見知らぬおじさんが、私の顔をやたら見ながら通り過ぎていくなと思ったら。

そのまま電柱にぶつかり、その間に母に手を引かれて走り去りました。

短大の頃は、電車の車両を移動していた、制服の小学生の男の子たちが。

突然私の前で立ち止まり、「いい女~❕❕」

びっくりして呆然とする私の横で、隣に座っていた友人は大爆笑してました。

 

あれ❓

そういえば、Aさんも同じようなオーラが出てるかも(笑)

福引きは、小学生までよく当たってました。

そういえば、いまだに道行くおじいちゃん・おばあちゃんに、突然頂き物をします。

現在に至っては、欲しいと思ったものを手に入れているかも❕❓

いろいろな本や、人との出会い、たくさんの経験のチャンス。

Aさんはここぞというところで、確実に手に入れている。

しかも、一番いい方法で。

 

「Aさんの願いごとって、何❓」と聞いたところ。

「みんなの幸せ✨✨」と即答されました。

わが子ながら、眩しかったです。

うん、器がおちょこで、打算的な私とは大違い。

きっと君なら、ずっとそのオーラを纏って生きていけるよ(笑)

 

以前、夫とAさんで宝くじを買いに行った後。

「6億カモ~ン❕❕❕」

と面白がって、CMのように踊ってみてましたが。

お金には効果がないようです(笑)

 

さあ、もうすぐ始まるマレーシアでの生活。

新しい街で、何が私たちを待っているのでしょうか。

怖い…。

でも行く(笑)

 

今週のお題「好きな街」