kero2021のブログ

マレーシアに、痴呆の母と共に親子留学中。そんな3人の日常を描いた奮闘記。

夏といえば海

海といえば…。

本日Aさんの学校は、世界海洋デーにちなんだ、スペシャル全校集会。

オンラインでの保護者参加。

50名前後の保護者参加でしたが。

「先生、聞こえませ~ん💦

「先生、見えませ~ん😢😢」

チャットに書き込もうかと思いましたが。

いかんせん、すぐ固まるのを知っているため。

マレーシアの空気はまだまだ読めない私が。

拙い英語で、チャットを書き込むのもどうかと。

15分以上経過して、ようやく音声が入り。

でも、斜めから映したスライドの画面は、反射してほとんど見えず💦💦💦

 

とはいえ、子どもたちがしっかり聞いているのだけは、伝わってきました。

海洋プラスチック問題。

ゴミの分別が進んでいないマレーシア。

海に囲まれている国にとっては、眼前の大きな課題です。

でも、子どもたちから4歳から学んでいる。

マレーシア在住の友人から「きっと一緒にされているとは思うけど」と言いながら。

毎回、分別して出していることを聞きました。

もちろん、私もそうしています。

テルチェーンでは、前回の滞在中に分別のゴミ箱が設置されてました。

 

少し意味合いは変わりますが。

そこには、マスク用ゴミ箱もあり。

日本でも、導入したらいいのにと思いました。

ゴミ収集の方、普段以上に不安だろうなと気になっていたので。

サニタリィ用のゴミ箱みたいになっていると、なおいいかと。

ただでさえ、マスクの廃棄問題は深刻ですから。

海洋プラスチックが、これ以上増えるのは避けなければ。

 

私は、子どもたちのためにどんな正の財産を残せるかしら❓

私は、今の大人ができることは、教育(共育)以上のものはないと考えています。

「世界中の子どもたちを幸せにする、教育(共育)者になる」というAさんの大きな夢✨✨

我が家にとって、今はこの上なく厳しい現実の中ではありますが。

共に学び、成長する日々を送りたいと思います❕❕❕

さあ、楽しい夏を迎える準備を。

海を、地球を守る行動を、今日もできるところから進めます。

世界の幸福を願うなら、その準備をしよう。

楽しいことには、準備が必要だ✨

 

今週のお題「夏物出し」