kero2021のブログ

マレーシアに、痴呆の母と共に親子留学中。そんな3人の日常を描いた奮闘記。

有事のサイン

先日の通信障害は、この前兆だったのかしら…。

昨日の夜、残念なお知らせが届きました。

保護者会参加の皆様へと題し、スタッフ2名のコロナ陽性。

そのメールが、一番届かなくて良かったです…。

ここ何年も、風邪もインフルエンザもかからなくなった私。

眩暈ですら、肉体的・精神的に疲れた時に、単発で起こる。

Aさんの小学校入学以降、その程度で過ごしてきたにもかかわらず。

 

金曜日に眩暈が2回。

土曜日から眩暈が多発し、喉に違和感。

夜には全身の関節痛(インフルエンザより軽い)、悪寒で37.5℃の微熱。

日曜日の朝、ほとんど眠れなかった割には、熱がなかったのでマーケットへ買い物へ💦

その後、再びの悪寒で37.5℃の微熱があり、咳は出るものの関節痛はなし。

発症時間から考えて、そろそろかな~と昨日の夕方簡易検査をしましたが、陰性。

今朝は、咳のお陰で胸周りの筋肉痛と、微熱37.2℃。

 

う~ん。

予防接種3回接種者の免疫が勝つかどうかという状況なのか。

はたまた、最近悪化しているPMS症状なのか。

そして、予防接種を4月に2回目の接種者(9歳Aさん)の免疫はどうか。

といったところでしょうか。

Aさんと離れて寝ることも、考えなければならないところですが。

もう一部屋が、母のバスルームとつながっており。

気になって、とても眠れません。

 

取り急ぎ、私と母が陽性になる可能性が高いと踏んで、行動することにしました。

・時間差ご飯

・室内マスク

・共有部分の消毒

・できるだけ個別空間での生活。

でも、案の定、今朝起きたらマスクがありませんでした…😢😢

そして相変わらず、4時半過ぎからにぎやかな母。

今日は咳も出るので、筆談にしました。

Aさんには、朝からマスクをつけてもらってから話したのですが。

スクールバスを待つ時に、再度確認をされました。

Aさん:「ママ、今日学校行ってもいいの?」

ママ:「誰かが高熱が出たり、陽性になるまでは大丈夫だけど。でも、口元を触ったり、マスクを鼻のところから持って外すのは、もうやめようね。」

ダイレクトにウイルスを体内に運びかねない癖は、いい加減止めないといけません。

きっとAさんは、しばらくスクールバスから降りる時が、一番緊張することでしょう。

今日も、有事のサインは出ていないかな💦💦💦

 

体操のおばあちゃんにはキャンセルの連絡をした上で、お散歩だけは母としました。

マレーシアは現在、屋外はマスク着用は義務付けられていないとはいえ。

今日ばかりはさすがに、散歩中も二人共マスクありで。